相続税申告はプロに依頼【税理士が解結してくれる書類手続き】

女性

相続税の申告

裁判

相続で知るべき情報

相続税は人が亡くなった場合に一定以上の財産を保有していた際に課税が行われます。この一定以上の財産の一定の部分は相続人の人数や保有していた財産の種類によって異なるため極端にいうと人それぞれその基準となる金額は異なることになります。基本的には人が亡くなった際に基礎控除として30,000,000円があります。そして相続人一人当たり6,000,000円が人的控除として設けられています。したがってもし相続人が2人であれば、基礎控除と人的控除で42,000,000円までの財産であればとりあえず相続税は課税されないということになります。したがったこの財産以下であれば相続税申告をする必要はないということになります。

相続で注意すべき点

相続で注意するべきなのは、一般の人が相続税申告書を完璧に作成することは非常に難しく、またできたとしてもかなりの時間を要するという点です。したがって相続税申告書を作成する際には税理士に依頼することが適切です。税理士は税の専門家であり相続税申告もいくつか手がけています。したがってそれぞれのケ−スで使える特例などに熟知しています。また最近では税理士の中でも相続税を専門に扱っている税理士も増えてきているためその選択の幅は非常に広がっているということができます。他に注意すべき点として申告義務がある場合には当然申告期限があります。そして相続税の申告期限までに相続税の納付を行う必要があります。もし納付が遅れた場合には延滞税などを加えて納付する必要があります。

法律問題は弁護士に相談

男性

東京で生活を過ごしている中で、給料の未払い問題や交通事故による損害賠償の問題や離婚問題に遭遇することがあります。このような法律問題が発生した時は弁護士に相談をすると安心です。東京弁護士会は弁護士会館や区役所などで定期的に無料の法律相談を行っています。

» 詳しく見る

別れを法的に解決する方法

スーツ

近年の日本は、配偶者の浮気やDVやその他の不貞行為などによって離婚するカップルの数が増加傾向にあります。離婚問題で悩んだときには弁護士に相談をして法的に解決することが大切です。弁護士に相談することによって、慰謝料や親権などの問題を理性的に解決できます。

» 詳しく見る

最近の取り組み事情

男性

離婚トラブルの増加により離婚問題に積極的に取り組む弁護士が増えています。カウンセラーの資格を持つことで、法律面以外でのアドバイスも可能になってきています。頼りになる存在ですが、長い付き合いになるだけに弁護士選びは慎重にしたいものです。

» 詳しく見る